岩手のニュース

<GW>世界に一つだけの・・・賞品? 盛岡市動物公園で一風変わったじゃんけん大会

アフリカゾウとお古のタイヤ

 「ポニーのしっぽの毛」に「カワウソが体を拭いた麻袋」と、盛岡市の市動物公園で春の大型連休期間中に開催されるじゃんけん大会の賞品が話題になっている。マニアックな品々をそろえ「世界に一つのものばかり。動物好きに挑戦してほしい」と参加を呼び掛けている。
 賞品は「鳥類担当者が必死で集めたいろいろな鳥の羽根の詰め合わせ」「どんどん産んでたまりにたまっていたダチョウの卵(中身なし)」「アフリカゾウが遊びに使って満足したお古のタイヤの一部」など。
 27日〜5月6日の10日間、毎日1品ずつ出品され、職員とのじゃんけんで勝ち残った1人に贈られる。中には改元を象徴する「新元号『令和』が発表された3日後に落ちたニホンジカのオスの角」などもある。
 じゃんけん大会は正午から。連絡先は市動物公園019(654)8266。


関連ページ: 岩手 社会

2019年04月27日土曜日


先頭に戻る