秋田のニュース

秋田新幹線が秋田駅出発直後に異音 上下計4本が運休

 26日午前9時15分ごろ、秋田市のJR秋田駅を出発した東京行き秋田新幹線こまち14号の運転士が発車直後に異音を感知し、停車した。点検したところ異常が認められなかったため、秋田駅に引き返した。
 JR東日本秋田支社によると、乗客約200人にけがはなかった。こまち14号は運休となった。
 このトラブルの影響で、こまち14号のほか秋田新幹線と普通列車上下計4本が運休または区間運休した。秋田駅発着の上下線に最大2時間40分の遅れが生じるなど、新幹線と在来線のダイヤが大幅に乱れた。


関連ページ: 秋田 社会

2019年04月27日土曜日


先頭に戻る