広域のニュース

<GW>「令和婚」自治体も祝福 届け出窓口、多彩な特典準備

岩沼市が作った「岩沼係長」の記念シール。5月1日以降、婚姻届を提出したカップルに贈る

 新元号「令和」の初日となる5月1日は大安で、全国各地で婚姻届の提出が相次ぐとみられる。東北の自治体は「令和婚」カップルを祝福しようと、届け出の窓口で多彩な特典を準備している。記念品や地元特産品の贈呈、記念写真を撮影できる特設ブースの設置などアイデアを練っている。

 宮城県岩沼市は1日以降の婚姻届と出生届の提出者に対し、「祝 改元」と書かれた名刺サイズの記念シールをプレゼントする。市のマスコットキャラクター「岩沼係長」が官房長官をまね、「令和」と墨書された額を掲げる姿をデザインした。限定1000枚で、なくなり次第終了。
 青森県むつ市は、宮下宗一郎市長が自ら窓口に立ち婚姻届を受け取る。市長は1日午前0時から約1時間スタンバイし、提出したカップルに婚姻記念証と記念品の市特製ミニカーを手渡す。
 広報紙の特別版を発行するのは湯沢市。1日は婚姻届を出したカップルの写真を特設ブースで撮影し、5月号の表紙写真をたこ揚げから2人に差し替え、後日特別版としてプレゼントする。
 青森県八戸市、岩手県久慈市、秋田市、福島県郡山市なども市役所に写真撮影コーナーを設置する。地元キャラクターや「令和元年」「5月1日」と書かれたパネル、「婚姻届を出しました」のボードなどを用意し、時代と人生の節目の1枚を盛り上げる。
 岩手県陸前高田市は、B4判の婚姻届受理証明書の発行を無料にする。1日午前8時半〜正午に提出したカップルが対象。上質紙に市長の公印が押された証明書で、本来は1通1400円の発行手数料がかかるという。
 地元の名物で令和婚を祝う自治体もある。福島県田村市は1日午前0時以降、市に婚姻届を出したカップルのうち、先着20組に同市産ヤマブドウの赤ワイン「北醇(ほくじゅん)」、同市滝根町の鍾乳洞「あぶくま洞」入場券を贈る。
 田村市市民課の担当者は「令和初日に結婚した記念に市内を観光し、たくさんの思い出をつくってもらいたい」と狙いを語った。


関連ページ: 広域 政治・行政

2019年04月27日土曜日


先頭に戻る