宮城のニュース

「松川だるま」新時代待つ 仙台であすから販売

令和の金文字が入った松川だるまを仕上げる本郷久孝さん、尚子さん夫妻

 伊達家ゆかりの「松川だるま」を受け継ぐ仙台市青葉区の「本郷だるま屋」が、「令和」の文字を入れただるま作りに励んでいる。
 赤と群青色に彩られた胴体に、藩祖伊達政宗が好んだ金色で書かれた「令和」の文字が鮮やかに浮かぶ。大きな目で四方八方に目を配り、無病息災や家内安全の御利益をもたらしてくれるという。
 本郷だるま屋10代目の本郷久孝さん(71)は「元号の由来となった梅が松川だるまにも昔から描かれており、縁を感じる。良い時代になるよう願いを込めて仕上げた」と話す。
 新元号の松川だるまは高さ約10センチ、1404円(税込み)。数量限定。仙台市青葉区のしまぬき本店で29日から販売する。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月28日日曜日


先頭に戻る