宮城のニュース

<ベガルタ>復帰の兵藤、チームもり立て役担う

MF兵藤慎剛選手

 兵藤がG大阪戦で復帰を目指す。14日の大分戦で右足の違和感を訴え、前節の鹿島戦を欠場。開幕から8戦目で初めてメンバーから外れた。現在は全体練習に合流するまで回復し、「だいぶ良くなってきた」と表情は明るい。
 ピッチから離れて試合を見て、さまざまな気付きがあったという。「試合の流れが悪くなったとき、雰囲気を変えるようなプレーが少ない。ちょっとしたミスも積み重なっている」と指摘する。「4−4−2」の新布陣にも「より相手の嫌な所を突くには、ポジションよりも選手一人一人の考え方が大事。臨機応変にやればいい」。冷静な33歳が低迷するチームをもり立てる。


2019年04月28日日曜日


先頭に戻る