宮城のニュース

<楽天>3連敗で2位後退 接戦落とす

 東北楽天は接戦を落とし今季初の3連敗で2位に後退した。5−5の九回、5番手松井が井上に決勝打を許した。先発美馬は立ち上がりが不安定で5回5失点で降板した。
 打線は0−5の二回、茂木の右越え2ランで反撃。四回にブラッシュが左越えソロを放ち、五回は浅村のソロと銀次の適時二塁打で追い付いた。九回も2死一、三塁と攻めたが無得点に終わった。ロッテは引き分けを挟んでの連敗を3で止めた。

東北楽天−ロッテ4回戦(2勝2敗、13時04分、楽天生命パーク宮城、24,956人)
ロッテ 230000001=6
東北楽天020120000=5
▽勝 唐川10試合1勝1敗
▽S 益田11試合2勝1敗5S
▽敗 松井15試合1敗8S
▽本塁打 清田1号(1)(美馬)茂木3号(2)(ボルシンガー)ブラッシュ3号(1)(ボルシンガー)浅村5号(1)(ボルシンガー)

☆イヌワシろっかーるーむ

<茂木栄五郎内野手(3号2ランを含む3安打2打点)>
 「一番内容がいいのは最後の中前打。(1点リードを許し)最低でも塁に出たい状況で最高の形の安打だった。マークしていた変化球を打てた」

<ブラッシュ外野手(四回に左越えへ3号ソロ)>
 「打ったのはカーブ。甘く入ってきた球にしっかり対応できた」

<浅村栄斗内野手(五回に右越えに5号ソロ)>
 「打ったのは直球。しっかり振り切ることができた。流れは悪くなかったので、まずは塁に出ようと思った」


2019年04月28日日曜日


先頭に戻る