宮城のニュース

<ARABAKI>ウルフルズにスカパラ、あいみょん 平成最後のフェス杜の湖畔公園で開幕

多くの来場者で熱気に包まれるステージ

 東北最大級の野外音楽フェス「ARABAKI ROCK FEST.19」(GIPなど主催)が27日、宮城県川崎町の国営みちのく杜の湖畔公園エコキャンプみちのくで開幕した。東北の野外フェス文化をけん引した平成最後の「アラバキ」の舞台を、多くの音楽ファンが楽しんだ。
 ウルフルズや東京スカパラダイスオーケストラ、あいみょんら2日間で120組のアーティストが出演。多くの来場者は会場内に小型テントを設置。そこを基点に、七つの野外ステージに出向き、迫力のパフォーマンスに酔いしれた。
 家族4人で来た登米市の会社員熊谷慎二さん(39)は「平成最後のアラバキに子どもたちを連れてくることができて良かった」と話した。
 28日まで。チケットは完売しており、2日間で約5万人の来場を見込む。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年04月28日日曜日


先頭に戻る