宮城のニュース

<楽天>浅村、執念のヘッドスライディング「後ろにつなごうと思った」

8回東北楽天2死一、二塁、浅村が三ゴロで一塁へヘッドスライディングし内野安打とする。一塁手井上

 主軸の勝利への執念は実らなかった。東北楽天は2点を追う八回、ロッテの5番手唐川を打ち崩せなかった。2死一、二塁、浅村が内野安打を放って満塁と好機を広げたが、続く4番島内が凡退した。
 三塁へのボテボテのゴロを打った後、全力で一塁へヘッドスライディングした浅村は「後ろにつなごうと思った。負けたので意味ないです」とぽつり。平石監督は「けがのリスクがあるので勧められないが、体が、気持ちが前面に出たプレーだった。勝ちたい、セーフになりたいという気持ちが伝わった」と主砲のがむしゃらな姿をたたえた。


2019年04月29日月曜日


先頭に戻る