宮城のニュース

<楽天>4回に6失点 ロッテに敗れる

 東北楽天は投手陣が踏ん張れず4連敗。先発安楽は2−0の二回、先頭井上にソロを浴び、2死から3短長打で計3失点。5−3の四回は1死満塁から藤岡に2点二塁打を許して降板。2番手石橋も2ランを浴びるなど、この回だけで計6点を失った。
 打線は三回までにブラッシュの3ランなどで5得点。四〜六回もブラッシュ、オコエのソロなどで加点したが、及ばなかった。
 ロッテは2連勝。松永が今季初勝利を挙げた。

東北楽天−ロッテ5回戦(ロッテ3勝2敗、13時02分、楽天生命パーク宮城、28,323人)
ロッテ 030600010=10 
東北楽天203111000=8
▽勝 松永8試合1勝1敗   
▽S 益田12試合2勝1敗6S
▽敗 安楽4試合2敗     
▽本塁打 井上2号(1)(安楽)ブラッシュ4号(3)(石川)ブラッシュ5号(1)(西野)中村奨7号(2)(石橋)オコエ3号(1)(西野)

☆イヌワシろっかーるーむ

 オコエ瑠偉外野手(走攻守で見せ場をつくり、2安打1打点と活躍)「(六回の左越え3号ソロは)バットが折れてしまった。先頭だったので塁に出ることだけを考えていた」

☆熱血平石語録

<攻めの気持ちで>
 「全部をマイナスに受け止めるのもどうかと…。投手も打線も攻めの気持ちで挑みたい」(3度の競り負けを含めて4連敗を喫し、平成最後となる次戦への意気込みを問われ)


2019年04月29日月曜日


先頭に戻る