青森のニュース

桜のアーチが列車をお出迎え 五所川原・金木

芦野公園駅付近の桜のトンネルを悠々と進む列車

 青森県五所川原市金木町の芦野公園の桜が満開となった。花見客のほか、津軽鉄道が桜のトンネルをくぐる様子を一目見ようと、観光客らでにぎわっている。
 公園内のソメイヨシノやシダレザクラなど約1500本の桜が見頃を迎えた。28日は、風もなく春らしい青空が朝から広がり、花見日和となった。桜の木の下で弁当を広げる家族連れや団体客の姿も目立った。
 芦野公園駅付近やホームでは、大勢の人がカメラやスマートフォンを片手に列車を待ち受けた。列車は、線路を覆うように咲き誇る淡いピンク色のアーチを悠々と進む。観光客らは近づいてくる列車にレンズを向け、絶好のショットを収めていた。
 27日に開幕した金木桜まつりは5月6日まで。2日夜には花火大会も行われる。


関連ページ: 青森 社会

2019年04月29日月曜日


先頭に戻る