山形のニュース

<上杉まつり>きょう開幕 戦国絵巻米沢で再現 

 山形県米沢市の春の風物詩「米沢上杉まつり」が29日、上杉神社などで始まる。今年は東北中央自動車道の南陽高畠インターチェンジ(IC)−山形上山IC間の開通で、米沢市と仙台、山形、福島の3市が高速道路で結ばれた。実行委員会は5月3日までの期間中、過去最高の35万人の人出を見込む。
 初日は午前9時、伝国の杜前広場での鏡開きで開幕。約1100人が上杉神社に通じる路上を民踊流しでパレードし、ステージでは各種パフォーマンスがある。
 30日と5月1日は午前10時半、武将隊と上杉太鼓による「魂の響演」がある。2日は午後6時半、上杉謙信が合戦前に行ったとされる出陣の儀「武〓式(ぶていしき)」を、甲冑(かっちゅう)武者姿の約200人が執り行う。式の前、武者姿の軍団が上杉家廟所(びょうしょ)から上杉神社までを行列する。
 3日は午前9時半、神輿渡御(みこしとぎょ)と軍団行列による「上杉行列」が市中心部であり、ハイライト「川中島合戦」の会場、松川河川敷を目指す。合戦は午後2時から。上杉謙信、武田信玄の両軍合わせて約700人が、戦国絵巻を再現する。
 連絡先はまつり実行委0238(22)9607。

〓は「示」編に帝


関連ページ: 山形 社会

2019年04月29日月曜日


先頭に戻る