宮城のニュース

<羽生結弦>あの場面 感動も倍増・仙台 新モニュメント完成

新たな羽生選手のモニュメントを除幕する郡和子仙台市長(左から3人目)や子どもたち=29日午後1時45分ごろ

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2連覇した仙台市出身の羽生結弦選手(24)=ANA、宮城・東北高出=の偉業をたたえる新モニュメントが29日、仙台市青葉区の市地下鉄東西線国際センター駅前に設置された。
 2017年4月に置いたソチ冬季五輪で最初の金メダルを獲得した羽生選手、トリノ冬季五輪金メダリストの荒川静香さん(37)=宮城・東北高−早大出=のモニュメントの隣に配置された。高さ230センチ、幅160センチ。平昌五輪のフリープログラム「SEIMEI」の冒頭の一場面をあしらった。
 除幕式には、県内外のファンら約600人が集まった。羽生選手は式に出席しなかったが、「フィギュアスケート発祥の地と言われる五色沼の近くに自分のモニュメントが増えたことを大変うれしく思います」とのメッセージを寄せた。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月30日火曜日


先頭に戻る