宮城のニュース

両陛下、被災地訪問の記録 来月6日まで写真展 宮城・南三陸

両陛下が南三陸町を訪問された様子を伝える写真展

 天皇、皇后両陛下が東日本大震災で被災した宮城県南三陸町を見舞われた様子を紹介する写真展が、南三陸町歌津の南三陸ハマーレ歌津の交流施設「かもめ館」で開かれている。5月6日まで。
 両陛下が避難所の歌津中体育館で被災者を励まされたり、伊里前小の校庭から海に向かって黙礼されたりした様子の写真パネル14枚が並ぶ。
 町民が手書きの日の丸の小旗を振り、両陛下を笑顔で迎える写真もあり、大崎市のパート中野いく子さん(57)は「町の人にとって両陛下の訪問は大きな励みになったことが伝わる」と話した。
 午前9時〜午後4時。入場無料。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月30日火曜日


先頭に戻る