宮城のニュース

さよなら平成 スタンプに列 仙台の郵便局

台紙や郵便物に平成最後となる日付の消印が押された=30日午前、仙台市青葉区の仙台中央郵便局

 「令和」への改元を翌日に控えた30日、宮城県内20カ所の郵便局では改元を記念した押印サービスがあり、「平成最後の日」の消印を手に入れようと多くの人が訪れた。
 仙台市青葉区の仙台中央郵便局には朝から冷たい雨が降る中でも、午前9時の窓口開始時点で約40人が行列を作った。
 それぞれ持参した台紙や郵便物などに62円以上の切手を貼付し、局員から日付印や風景印を押印してもらった。
 一番乗りした仙台市太白区の須藤隆さん(68)は「昨晩はわくわくして眠れなかった。昭和から平成に変わる時もこの郵便局に並んだが、まさかもう一度機会が訪れるとは」と声を弾ませた。
 記念押印は5月1日も実施する。仙台中央郵便局は午前9時〜午後7時。


関連ページ: 宮城 社会

2019年04月30日火曜日


先頭に戻る