宮城のニュース

<仙台ハーフマラソン>大会ゲストの谷川真理さんがランニング指導

プリンセスランナーの参加者とランニングする谷川さん(手前左)

 5月12日の第29回仙台国際ハーフマラソン大会(仙台市など主催)を前に、大会ゲストランナーの谷川真理さんを招いた練習会とランニングクリニックが27日、仙台市宮城野区の市陸上競技場であった。
 練習会は女性初心者対象の「新緑のプリンセスランナー」の一環で、41人が参加。谷川さんはウオーミングアップから靴ひもの結び方まで細やかに指導した後、5キロを一緒に走り、本番に備えた。
 仙台市青葉区の平田美枝さん(54)は「ハーフは初挑戦。2時間半でゴールしたい」と話し、2度目の出場となる泉区の会社員泉沢幸江さん(48)は「昨年を上回る2時間10分切りを目指す」と誓った。
 谷川さんは「レースまで残り2週間。体調を崩さないように気を付けて、元気よくスタートラインに立ってもらいたい」とエールを送った。


2019年04月30日火曜日


先頭に戻る