宮城のニュース

つるしびな華やか ウサギの段飾りも 宮城・涌谷

来場者を楽しませるつるしびなとウサギの段飾り

 宮城県涌谷町猪岡短台の古民家で、つるしびな飾りと屋外の山野草を楽しむ春恒例のイベント「花と華に魅せられて」が開かれている。5月6日まで。
 つるしびなは、ほとんどが地元の庭造りサークル「彩英花(さえか)」代表の中沢英子さん(68)による古布の江戸ちりめんを使った手作り。中沢さん所有の作業場を兼ねた築160年の古民家に、染め物やタペストリーなど計約3000点が並ぶ。
 中沢さんの創作テーマである「ウサギ」を素材にした段飾りもある。中沢さんは「作品は毎年ほとんど同じだが、レイアウトの工夫で人形の表情が変わって見える。いつもと違う雰囲気を見つけてほしい」と話す。
 約8000平方メートルの中庭には、クリスマスローズなどの山野草が咲いている。5月11日〜6月30日の土曜から月曜にオープンガーデンも開園する予定。
 午前10時〜午後4時。入園料500円。オープンガーデンは同時間、入園料300円。連絡先は中沢さん090(7078)5759。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年04月30日火曜日


先頭に戻る