宮城のニュース

<政岡まつり>忠義の賢婦しのび華麗に 宮城・栗原

山車行列が練り歩いた政岡まつり

 伊達家のお家騒動を題材にした歌舞伎で、幼君の伊達綱村を守った乳母として登場する「政岡」をしのぶ「政岡まつり」が29日、宮城県栗原市一迫の真坂商店街などであった。
 政岡役の女性を乗せた華やかな山車や武者姿の男衆が、観客でにぎわう沿道を練り歩いた。地元商店による軒下マルシェもあり、盛り上げに一役買った。
 綱村役を務めた栗原市一迫小1年の大内楓君(6)は「着物は重いけど、刀がかっこいい」と話した。
 一迫周辺を治めた白河義実の妻の浅岡が綱村を育て、政岡のモデルになったとされる。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年04月30日火曜日


先頭に戻る