宮城のニュース

<平成最後>「31.4.30」名残の消印 東北の郵便局で記念押印に行列

平成最後となる「31.4.30」の消印を求めて多くの人が訪れた=30日午前9時50分ごろ、仙台市青葉区の仙台中央郵便局

 平成の最終日となった30日、東北6県の中央郵便局など全84局で、改元を記念した押印サービスが実施された。「31.4.30」の消印を手に入れようと、多くの人が郵便局を訪れた。
 仙台市青葉区の仙台中央郵便局では、午前9時の窓口開始時点で約40人が行列を作った。それぞれが持参した台紙や郵便物などに62円以上の切手を貼り、局員に日付印や風景印を押してもらっていた。
 親子で訪れた太白区の小学5年石原珠那(じゅな)さん(10)は「おじいちゃんとおばあちゃんの金婚式のプレゼントにする」と色紙を手に列に並んだ。
 令和最初の日となる5月1日の記念押印も東北6県の84局で行われる。対応時間は局により異なる。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月01日水曜日


先頭に戻る