宮城のニュース

祝福と感謝伝えたい 仙台の記帳所

記帳簿に名前を書き込む市民=1日午前、仙台市役所本庁舎

 仙台市は1日、新天皇陛下即位と前天皇陛下の退位に伴い、青葉区の本庁舎1階「市民のへや」と各区役所の計6カ所に記帳所を設置した。訪れた市民は新天皇の即位を祝う「天皇陛下御即位慶賀」、前天皇に感謝を伝える「上皇陛下奉謝」に名前や住所を書き込んだ。
 青葉区の主婦高橋英子さん(60)は「テレビ番組の特集などで前天皇ご夫妻のご苦労を知った。新しい時代も平和が続くよう、国民も努力していかなくてはならないと思う」と語った。
 若林区出身で、東京都品川区の会社員佐藤尚太さん(31)は「前天皇ご夫妻が東日本大震災の被災地を訪問される姿を見て、元気をもらった。令和の時代は前向きで明るい社会になってほしい」と期待した。
 記帳所は2日まで設置される。午前9時〜午後4時。記帳簿は大型連休明けに宮内庁へ送付される。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月01日水曜日


先頭に戻る