宮城のニュース

<楽天 歓談・閑談>藤田、思い出の青ユニホーム 茂木のバットは逆ポッキー

藤田一也

 青い特別ユニホームで臨んだ4月14日のソフトバンク戦。藤田は小学生の時のユニホームも青だったという。当時の監督は今も現役で「おいっ子が試合中に監督の膝の上で寝ていたらしいです」。姉からの報告に青ざめたとか。

 12日のソフトバンク戦で左犠飛を放ち今季初打点を記録した足立は、報道陣から「良かったね」と声を掛けられ「ありがとうございます。でもまだ(打率は)ゼロなんで…」。1週間後、1号ソロが出てゼロから脱出しました。

 23日に39歳の誕生日を迎えた平石監督。報道陣からケーキとボールペンを贈られ、笑顔を浮かべながらも「記者の皆さんが心から祝ってくれていると信じています」。辛口なことも書きますが、祝福に偽りはありません。

 今季バットの色を変えた茂木。黒っぽいグリップ付近以外は白っぽく、菓子になぞらえ「逆ポッキー」と呼ばれている。「坂本勇人さん(巨人、青森・光星学院高出)が使っていて単純に格好いいな」と思ったのが動機だが、「調子が悪くなったら替えると思います」と弱気な発言も。好調を維持する3割打者は甘くないプロの世界を知っています。


 東北楽天の選手は個性派ぞろい。担当記者が聞いた珠玉のコメントを紹介します。


2019年05月01日水曜日


先頭に戻る