宮城のニュース

<令和幕開け>書道部員力強く 記念のパフォーマンス

全身を使って文字を書き上げる聖ウルスラ学院英智高の書道部員=1日午後1時20分ごろ、仙台市若林区役所
ダイナミックに新元号「令和」を書き込んだ聖ウルスラ学院英智高書道部のメンバー=1日午後1時20分ごろ、、仙台市の若林区役所

 仙台市の若林区役所で1日、聖ウルスラ学院英智高の書道部員が改元を記念したパフォーマンスを披露し、「令和」の2文字を力強くしたためた。
 和太鼓の演奏に合わせ、縦3メートル、横2メートルの和紙に新元号の出典となった万葉集の「梅花の歌」の序文を記した後、1年生部員2人が大きな筆を振るった。
 「令和」を書いた守田衣李さん(15)は「平成のように平和な時代になってほしい」、丹野友莉香さん(15)は「令和に込められた願いや新時代の風を表現できた」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月02日木曜日


先頭に戻る