宮城のニュース

<楽天>投打でソフトバンクを圧倒 連敗5で止める

西宮悠介投手

 東北楽天は投打で圧倒し連敗を5で止めた。先発辛島は6回無失点で3勝目を挙げた。
 打線は二回、ブラッシュの適時二塁打、オコエの2点打で3点を先取。三回はウィーラー、ブラッシュの適時打で2点を加えた。七回はウィーラー、銀次の連続適時打など5安打を集中させて4点を奪いダメ押しした。
 ソフトバンクは先発武田が二回に危険球退場。その後の救援陣も乱れた。

 ソフトバンク−東北楽天4回戦(2勝2敗、18時01分、ヤフオクドーム、40,178人)
東北楽天  032000400=9
ソフトバンク000000000=0
▽勝 辛島5試合3勝
▽敗 武田5試合2勝2敗

☆イヌワシろっかーるーむ

 西宮悠介投手(28歳の誕生日となった令和元年初日の九回に登板し、1回無失点で3奪三振)「投げる機会をつくってくれた打線と辛島さんに感謝です。プロに入って一番思い出に残る登板になった」


2019年05月02日木曜日


先頭に戻る