宮城のニュース

<楽天>辛島「連敗ストッパー」緩急駆使、粘りの6回無失点

辛島航投手

 東北楽天の先発辛島が6回無失点の好投でチームの6連敗を阻止した。「一人ずつアウトを奪っていくことを心掛けた。連敗を止められて良かった」と淡々と語った。
 一回を除き毎回走者を出したものの、持ち前の緩急を駆使して粘った。四回1死一、二塁では上林(仙台育英高出)を2ストライクからスライダーで空振り三振。続く甲斐には全球チェンジアップで攻めて空振り三振に仕留めた。辛島は「いいところで三振が取れたのでゼロでいけた」と振り返った。
 則本昂、岸の両エースを欠く中、今季はチームの連敗を全て止める活躍を見せている。左腕は「たまたまです」と素っ気ないが、平石監督は「うまく打者のタイミングを外していた。辛島らしくよく投げてくれた」とねぎらった。


2019年05月02日木曜日


先頭に戻る