宮城のニュース

<仙台六大学野球>工大が逃げ切る 学院大に3−2

学院大−工大 3回裏工大無死一塁、八島が左中間を破る適時二塁打を放ち、3−1とする。捕手渡辺

 仙台六大学野球第3節第3日は1日、仙台市の東北福祉大球場で東北学院大−東北工大の3回戦があり、工大が勝って対戦成績を2勝1敗とし、勝ち点1を挙げた。
 工大は二回に3安打を集めて2点先取。三回は八島の適時二塁打で突き放した。学院大からの勝ち点は昨春に続き2年連続。
 第4節第1日は3日、同球場で福祉大−工大、学院大−宮城教育大の各1回戦が行われる。

 学院大−工大3回戦(工大2勝1敗)

学院大001000010−2
工 大02100000×−3
(勝)桜井4試合1勝
(敗)後藤3試合2勝1敗

 【評】工大が逃げ切って勝ち点を手にした。二回2死一、二塁から後藤と庄司修の連続適時打で2点を先取。三回は八島の適時二塁打で1点を加えた。3投手の継投も決まった。学院大は八回に1点差まで迫ったが、あと一本が出なかった。

<八島、3回に殊勲打>
 工大の八島が三回に適時二塁打を放ち勝利に貢献した。1点差に迫られた三回無死一塁で低めのカーブを左中間深くまで運び、一走が生還。「相手に流れを渡したくなかった」と殊勲打を振り返る。
 冬に重さ20キロの砂袋を抱えてスクワットをするなどして鍛え、長打力を磨いたが、この試合の前まで打率1割8分2厘と不振。「監督、コーチの期待にやっと応えられた」と練習の成果を発揮した。
 チームは2回戦で47年ぶりに学院大をコールドで破って勢いに乗った。「次も打って勝ち点を重ねる」と意欲を見せた。


2019年05月02日木曜日


先頭に戻る