宮城のニュース

<山元町・新庁舎>原則禁煙に 7日開庁

 宮城県山元町は7日に開庁する新庁舎の敷地内を原則禁煙とする。行政機関の庁舎などの敷地内禁煙を定めた改正健康増進法が7月1日に施行されるのを前に、新庁舎始動に合わせ適用する。
 町によると、これまでプレハブ仮設庁舎の敷地内に設置した来庁者向けと職員用の喫煙所計2カ所を廃止する。その上で、一般来場者が通常立ち入らない新庁舎西側の一角に同法が認める特定屋外喫煙場所を設ける。全面禁煙とした場合、役場周辺での敷地外喫煙が増えることを懸念した。
 町は同時に、勤務時間中に認めていた職員の喫煙を禁止し、昼休みと就業前、就業後だけ認めることも決めた。町企画財政課は「新庁舎開庁に合わせて、受動喫煙の防止を徹底し、職員の健康増進に努めたい」と説明する。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年05月03日金曜日


先頭に戻る