宮城のニュース

こいのぼり150匹 青空悠々 角田・小田川河川敷

河川敷の公園に掲げられたこいのぼり

 宮城県角田市の住民団体「東南町行政区花の会」が4月28日、地元の小田川河川公園に約150匹のこいのぼりを掲げた。
 家庭で不要になったこいのぼりを譲り受けながら続け、今年で18年目。川の両岸に渡した2本のワイヤにつるした。大小さまざまなこいのぼりが春風になびき、小田川から空へと上るように悠々と泳いでいる。
 角田小2年沢井沙季さんは「いろいろな色があってきれい」と、こいのぼりを見上げていた。
 掲揚は12日までの予定。盛田忠士会長(75)は「地域の和を深めるために、これからも続けたい」と話す。会はこいのぼりの提供を呼び掛けている。連絡先は盛田会長0224(63)3397。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月03日金曜日


先頭に戻る