青森のニュース

青森・三戸町議ら5人逮捕 県議選で買収疑い 青森県警

 4月の青森県議選三戸郡選挙区(定数3)を巡り、青森県警捜査第二課などは2日、公選法違反(被買収など)の疑いで、いずれも三戸町議の北向敦(61)、和田忠(63)、中村喜正(67)の3容疑者と、同町同心町、無職小舘敏夫(69)、同町梅内、農業越後一雄(74)の両容疑者を逮捕した。
 県警は5人の認否を明らかにしていない。5人は初当選した沢田恵県議の後援会に所属していたという。
 町議3人の逮捕容疑は2月ごろ、沢田氏の選挙運動の見返りに、小舘、越後両容疑者からそれぞれ現金数万円を受け取った疑い。
 小舘、越後両容疑者の逮捕容疑は2月ごろから3月ごろ、共謀の上、沢田氏への投票と票の取りまとめなどの見返りとして、有権者数人にそれぞれ現金数万円を渡すなどした疑い。
 県警は他に関与した人物の有無などを調べている。沢田氏は取材に「詳しいことは分からない」と話した。


関連ページ: 青森 政治・行政

2019年05月03日金曜日


先頭に戻る