岩手のニュース

<つながり、思い 令和へ継承>皇后さま 先人にゆかり 花巻・大迫で企画展

皇后さまの母方家系と岩手県花巻市大迫町亀ケ森のゆかりを紹介する企画展

 皇后さまとゆかりのある岩手県花巻市大迫町の市総合文化財センターで1日、企画展「亀ケ森の先人−皇后陛下ゆかりの先人たち」が始まった。6月9日まで。
 皇后さまの母方は大迫町亀ケ森地区とつながりがあり、曽祖父で戦術家の海軍大将山屋他人(1866〜1940年、盛岡市出身)は中世の城主だった亀ケ森氏の子孫。山屋の伯父に当たる蘭学者で、東京・芝の高級料亭「紅葉館」の初代館主野辺地尚義(1825〜1909年)は亀ケ森出身と、ゆかりの偉人が多い。
 企画展は家系図やゆかりの先人の写真、関連図書など25点を展示している。
 資料に見入っていた近くの無職浅沼永一さん(69)は「皇后さまと大迫町にゆかりがあるのは、大変うれしい。いつか天皇陛下と来ていただきたい」と話した。
 入館料は大人200円、小中高校生100円。連絡先は同センター0198(29)4567。
 


関連ページ: 岩手 社会

2019年05月03日金曜日


先頭に戻る