福島のニュース

常磐道で7人死傷 福島

 2日午前4時55分ごろ、福島県広野町上北迫の常磐自動車道で、下り線を走行していた横浜市緑区、大学生山本大智さん(20)の乗用車が中央分離帯をはみ出し、上り線の南相馬市鹿島区江垂、会社員木幡徳敏さん(51)の乗用車と衝突、山本さんが頭を強く打って死亡し、4〜51歳の男女6人が重軽傷を負った。
 県警高速隊によると、山本さんには同年代の男子大学生3人、木幡さんには家族3人が同乗し、それぞれ旅行中だった。山本さんの車が炎上した影響などで、常磐道いわき四倉インターチェンジ(IC)−広野ICは上下線が約4時間半通行止めになった。
 


関連ページ: 福島 社会

2019年05月03日金曜日


先頭に戻る