宮城のニュース

<仙台六大学野球>福祉大と学院大が先勝

福祉大−工大 8回表福祉大2死一、三塁、楠本が右前適時打を放ち、5−1とする

 第4節第1日は3日、仙台市の東北福祉大球場で福祉大−東北工大、東北学院大−宮城教育大の各1回戦があり、福祉大と学院大が先勝した。
 福祉大は二回に楠本の適時打で先制するなど着実に加点して工大を5−2で破った。学院大は高木が4安打完封の好投で宮教大に1−0で勝った。
 第4節第2日は4日、同球場で仙台大−東北大の1回戦、工大−福祉大の2回が行われる。

◎福祉大、着実に加点

 福祉大−工大1回戦(福祉大1勝)
福祉大011001110=5
工 大000010001=2
(勝)三浦(2試合2勝)
(敗)阿部(3試合3敗)
(本)里見1号(1)(阿部)、溝口1号(1)(太田)

 【評】福祉大が攻め勝った。二回2死三塁、楠本の適時内野安打で先制。三回は里見のソロで追加点を奪い、六〜八回も1点ずつ加えてリードを広げた。工大は五回に1点差まで迫ったが、投手陣が踏ん張れなかった。

<楠本、打撃修正し2打点>
 福祉大の楠本が足とバットで2打点を挙げて勝利に貢献した。二回は2死三塁で初球を三遊間に転がして先制の適時内野安打に。八回は2死一、三塁で右前に運びダメ押し点を奪った。
 第3節は試合がなく、映像を見直して打撃フォームを修正した成果が出た。「これからも好機で打ってチームの力になる」。武器の攻撃力で活躍を誓った。


2019年05月04日土曜日


先頭に戻る