宮城のニュース

<楽天>3回に猛攻で6点

 東北楽天は延長十二回サヨナラ負けで2連敗。この回、8番手高梨がデスパイネに決勝打を許した。先発釜田は3回1/3を投げ7失点で降板。六回に登板した3番手森原もグラシアルに3ランを浴びた。打線は0−3の三回、嶋の3点二塁打など打者10人の猛攻で6点を奪った。四回は浅村が右越えに2ラン。8−10の八回は代打山下の1号ソロ、茂木の4号ソロで追い付き、十回に山下の2打席連続本塁打で一時勝ち越した。
 ソフトバンクは2連勝。

 ソフトバンク−東北楽天6回戦(ソフトバンク4勝2敗、13時00分、ヤフオクドーム、39,486人)
東北楽天  006200020100=11
ソフトバンク301303000101×=12
(延長12回)
▽勝 加治屋11試合2勝1敗
▽敗 高梨16試合1勝1敗
▽本塁打 松田宣6号(3)(釜田)松田宣7号(1)(釜田)浅村6号(2)(武田)デスパイネ4号(2)(釜田)グラシアル2号(3)(森原)山下1号(1)(甲斐野)山下2号(1)(嘉弥真)茂木4号(1)(甲斐野)

☆イヌワシろっかーるーむ

<浅村栄斗内野手(6−4の四回に右越え2ラン)>
 「打ったのはスライダー。1点を返された後だったので、流れを戻すいい一本が打てた」

<嶋基宏捕手(三回2死満塁から初球のカーブを捉え左中間に走者一掃の3点二塁打)> 「四球の後だったので初球から積極的にいった。いい流れで回ってきたし打てて良かった」


2019年05月04日土曜日


先頭に戻る