宮城のニュース

<東日本大震災>応援職員に感謝 平成最後の日、塩釜2カ所に石碑

 ◇…平成の出来事で忘れられない東日本大震災。復旧復興のため他市から派遣され、苦労を共にした応援職員への感謝と友情を後世に伝えようと、塩釜市職員有志が石碑を製作した。
 ◇…A4判大の黒御影石製で担当別に2基作った。応援職員の名前を記し、刻んだ日付は平成最後の「平成31年4月30日」。
 ◇…市魚市場を担当した福井市職員6人の碑は魚市場に。寒風沢、野々島両漁港担当の横浜市職員10人の碑は寒風沢島に設置する。証拠写真を添え、「また塩釜に来てね」と手紙を送る予定だ。
(塩釜)


2019年05月05日日曜日


先頭に戻る