宮城のニュース

<楽天>連日の延長サヨナラ負け、3連敗で貯金0

 東北楽天は2試合連続の延長サヨナラ負けで3連敗を喫し貯金0となった。延長十一回、6番手宋家豪が金子侑に決勝打を許した。先発美馬は6回4失点(自責点3)。九回に登板した松井がメヒアに同点2ランを許した。
 打線は今季初出場の今江が3安打2打点、茂木が4安打1打点と活躍するなど15安打6得点だった。
 西武は打線の奮起で勝率を5割に戻した。6番手増田が2回無失点で2勝目。

 西武−東北楽天5回戦(東北楽天4勝1敗、14時00分、メットライフドーム、30,232人)
東北楽天00210110100 =6
西  武20100100201×=7
(延長11回)
▽勝 増田14試合2勝4S
▽敗 宋家豪15試合1敗
▽本塁打 森5号(1)(美馬)メヒア3号(2)(松井)

☆イヌワシろっかーるーむ

<美馬学投手(先発で6回4失点)>
 「調子自体は良かった。点を取られた後に(味方打線に)点を取ってもらっているのに、また点を取られては駄目。次回はしっかりリードを守れるようにしたい」


2019年05月05日日曜日


先頭に戻る