岩手のニュース

<江刺甚句まつり>大パレードに響く掛け声、踊り軽快に

江刺甚句大パレードで踊る人たち

 奥州市江刺の「江刺甚句まつり」が3、4の両日、大通り公園など中心部で開かれた。メインの江刺甚句大パレードは4日夕に目抜き通りであり、約2000人の市民が江刺甚句に合わせて踊り歩いた。
 職場や学校ごとにそろいの衣装を着るなどして、華やかに踊った。沿道の見物客も「チョイサノサッサ」と掛け声を合わせ、一体となって盛り上がった。
 市内の商店経営川村ユウ子さん(75)は「踊りを見ていると、自分が出ていた20年以上前の頃を思い出して、とっても楽しい」と手拍子を送っていた。


関連ページ: 岩手 社会

2019年05月05日日曜日


先頭に戻る