宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>FW復帰の安本、裏狙いハードワーク

ミニゲームでゴールを狙う安本

 今季は開幕から右サイドハーフで出場してきた安本が、前節の伊賀戦からFWに回った。リーグ戦3連敗と思い通りのサッカーができずにいるチームに、主将が新たな風を送り込む。
 伊賀戦ではエース浜田と2トップを形成。持ち前の豊富な運動量を生かしてDFラインの裏のスペースを果敢に狙った。敗れはしたが、浜田がチームで3戦ぶりのゴールを奪ったのは明るい兆しだ。
 辛島監督は「ここ3試合は(安本)紗和子の攻撃力を出せずにいた」とコンバートの意図を語る。安本も「昨季はFWだったので違和感はない。持ち味のハードワークを生かして、もっと推進力を持たせたい」と意気込む。
 無尽蔵のスタミナを維持するため、日頃のケアを怠らない。これからの時期は「日焼けすると体に熱がこもり、疲れやすくなる」と言う。日焼け止めクリームはもちろん、練習中はキャップをかぶったり、マラソン選手と同じロングスパッツやアームカバーを使ったりして乗り切っているという。
 長野はリーグ順位が一つ上の8位。「順位が変わる重要な試合。先制点を取れば勢いに乗れる」と前線からチームを引っ張る。(今愛理香)


2019年05月06日月曜日


先頭に戻る