宮城のニュース

<楽天>打線沈黙 4連敗で4位

 東北楽天は零封負けで4連敗、勝率は5割を切り4位に下がった。散発3安打と打線が沈黙し、得点圏に走者を進めたのは二、六回だけだった。
 プロ初先発の石橋は一回に秋山にソロ、四回にはメヒアに適時打を許して4回2失点。2番手の安楽も六回、山川に2ランを浴びて突き放された。
 西武は2連勝。先発今井が初完封し、リーグトップに並ぶ4勝目を飾った。

西武−東北楽天6回戦(東北楽天4勝2敗、13時00分、メットライフドーム、30,278人)
東北楽天000000000=0
西武  10010200×=4  
▽勝 今井6試合4勝2敗   
▽敗 石橋10試合2勝2敗  
▽本塁打 秋山5号(1)(石橋)山川13号(2)(安楽)

☆イヌワシろっかーるーむ

<島内宏明外野手(15試合連続出塁で好機を演出)>
 「もっと出塁する機会を増やしたいと思っているけど、なかなかうまくいかない。今日も打ちたいという気持ちが強過ぎて凡打になってしまった」


2019年05月06日月曜日


先頭に戻る