福島のニュース

<サムライフェス>戦国時代へタイムスリップ 「刀剣乱舞」のコスプレも

 「サムライフェス」が5日、福島県南相馬市の雲雀ケ原祭場地であった。伊達、相馬両氏の軍勢に見立てた模擬合戦などで戦国時代へとタイムスリップした。
 合戦は約60人が甲冑(かっちゅう)姿でやりの戦いを繰り広げた。勝利を収めた伊達勢に加わった白石市の会社員山田秀明さん(38)は「初めて来た。体験型で面白い。足軽の気分を味わえた」
 会場では人気ゲーム「刀剣乱舞」などのコスプレも目立つようになった。実行委は「わいわい参加できる和装コスプレの聖地」化ももくろんでいる。
(南相馬)


関連ページ: 福島 社会

2019年05月06日月曜日


先頭に戻る