宮城のニュース

爽やかな風 さあ仕事 10連休明けの宮城県内、広範囲で晴れ

天気は快晴。気分は? 10連休が終わり、会社や学校へと急ぐ人々=7日午前8時25分ごろ、仙台市青葉区中央2丁目

 史上初の10連休が明けた7日、宮城県内は高気圧に覆われて広範囲で晴れ、爽やかな陽気となった。
 正午までの最高気温は仙台16.3度、石巻15.7度、古川14.5度、白石14.2度、気仙沼14.9度など各地でほぼ平年並み。朝に寒冷前線が通過した影響で、20度を超す日が続いた連休中に比べ過ごしやすい気候となった。仙台市中心部ではケヤキ並木の新緑が陽光に輝き、連休明けの憂鬱(ゆううつ)な気分を吹き飛ばすような心地よい風が吹いていた。
 仙台管区気象台によると、8日の県内は高気圧に覆われ、全域で晴れ。各地の最高気温は再び20度を超え、6月中旬並みとなる見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月07日火曜日


先頭に戻る