宮城のニュース

<令和仕事始め>トップが決意述べる

◎「しっかり復興完結」/史上初の10連休 経済効果を評価/村井知事

 村井嘉浩知事は改元後初となる7日の定例記者会見で、東日本大震災からの復興の指針となる県震災復興計画が2020(令和2)年度に完了することを念頭に「令和は復興の完結に向けてしっかりと臨んでいく」と決意を述べた。
 村井知事は改元に伴う庁内のシステム障害や災害が県内で発生しなかったと説明。史上初の10連休について「経済効果はあったはずだ。賛否はあったが、多くの人がしっかりと時間を使えたと思う」と評価した。
 参院選宮城選挙区(改選数1)で立憲民主党が新人の擁立を決めたことには「大きい与党は安定政治を運営する上で好ましいが、時に緊張感がなくなる。与野党がしのぎを削る構図になるのは重要だ」と語った。
 3日の憲法記念日に絡む改憲議論を巡っては「必要な改憲があってもいいが、拙速な進め方で国民の信頼を失わないよう慎重に議論してほしい」と強調。自身が推進する道州制実現の観点から、地方政府に立法権を与える憲法改正の妥当性にも言及した。

◎「子育て適した街に」/「令和婚」は547件 ミレニアム超え/郡仙台市長
 
 郡和子仙台市長は改元後初となる7日の定例記者会見で、令和時代の幕開けの感想を問われ「大変喜ばしい。安全安心で、子育てに適した街にするため、努力しなければと気持ちを新たにした」と抱負を述べた。
 令和初日の1日に婚姻届を提出した「令和婚」は547件に達し、2000年の「ミレニアム婚」の324件を大きく上回った。「この日を心待ちにしていたのだろう。心からお祝い申し上げたい」と述べた。
 「改元に伴い、国民健康保険のシステムで若干のエラーがあった」ことも明かした。市によると、保険料分割納付者に交付した領収書の記載が「平成1年度」となるミスが4件あった。
 4月1日の完全施行から1カ月が過ぎた客引き行為禁止条例に関しては「着実に減っており、条例の成果だと感じているが、(青葉区)国分町周辺は依然として多い」と状況を分析した。違反行為への是正勧告は6日時点で計39件あった。
 立憲民主党が女性アナウンサーの新人擁立を表明した参院選宮城選挙区(改選数1)への対応は「私が何か動くことは考えていない」と語り、中立の立場を貫く姿勢を強調した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年05月08日水曜日


先頭に戻る