宮城のニュース

感謝の気持ち咲かせて 名取でカーネーション出荷作業が最盛期

カーネーションの出荷作業を急ぐ三浦さん

 12日の母の日を前に、東北一のカーネーション生産量を誇る宮城県名取市で、出荷作業が最盛期を迎えている。
 同市小塚原の三浦智和さん(41)方では、計約3300平方メートルの温室で「バーバラ」「レッドダイヤモンズ」など色とりどりのカーネーション12種類を栽培。7日は早朝から切り花約4500本を収穫し、選別や箱詰めなど出荷作業に追われた。
 三浦さんは「今年は赤やピンクなど定番の色が人気。感謝の気持ちを込めて贈ってほしい」と話した。
 市内の生産者でつくる市花卉(かき)生産組合は12日、市図書館でカーネーション300人分を無料配布する。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月08日水曜日


先頭に戻る