宮城のニュース

岩沼・金蛇水神社で恒例の「花まつり」始まる

大輪のボタンが咲き誇る花まつり=8日、岩沼市の金蛇水神社ボタン園

 宮城県岩沼市の金蛇水神社で8日、大輪のボタンが咲き誇る恒例の「花まつり」が始まった。今年は参拝者休憩所の建て替えなどの改元記念事業に伴い、ボタンの株数が半減しているため、入園無料とした。21日まで。
 神社外苑のボタン園では約100種類、約500株を栽培。初日から多くの参拝客が赤やピンク、紫などのボタンを楽しんだ。樹齢300年とされる「九竜の藤」も開花している。
 ボタン園は来週前半までが見頃。開園時間は午前8時半〜午後4時半。連絡先は金蛇水神社社務所0223(22)2672。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月08日水曜日


先頭に戻る