秋田のニュース

市営施設で誕生したガラス工芸展示 20日まで

クリエーティブなガラス作品が並ぶ収蔵展

 秋田市営のガラス工芸体験型施設「新屋ガラス工房」で、この工房で誕生した秋田県内外のガラス作家の作品を展示する収蔵展が開かれている。20日まで。
 2017年7月の工房開設後にワークショップなどで制作した作品をそろえた。秋田犬とかまくら、竿燈まつりを主題にしたものなど個性的な作品19点が並ぶ。
 工房の小牟禮(こむれ)美穂販売企画マネージャーは「収蔵展を機会に、ガラスの街、新屋をぜひ訪れてほしい」と呼び掛ける。
 午前9時〜午後4時半。火曜休館。入館無料。連絡先は新屋ガラス工房018(853)4201。


関連ページ: 秋田 社会

2019年05月08日水曜日


先頭に戻る