宮城のニュース

防災拠点結ぶ命の道 石巻駅前に歩行者デッキ完成

市立病院(左)や市役所などを結ぶ歩行者デッキ

 石巻市役所や市立病院などの拠点施設を結ぶ歩行者デッキが完成し、8日に使用が始まった。
 市が整備し、延長160メートル、高さ5〜7メートル。地域包括ケアの拠点として本年度内に完成する「ささえあいセンター」(仮称)を含む3施設の2階部分を結ぶ。整備費は周辺の道路を含め約8億5300万円。復興交付金などを活用した。
 東日本大震災の発生時、JR石巻駅前の市役所周辺は津波で浸水した。初動対応が制限されたことを教訓に、駅前の津波防災拠点施設をつなぎ、災害時の対応力強化を図る。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月09日木曜日


先頭に戻る