宮城のニュース

紫のトンネル、咲きそろう藤棚 白石・若林公園

薄紫色の花房が咲きそろった藤棚

 宮城県白石市大鷹沢大町の若林公園にある藤棚で、薄紫色のフジが見頃を迎えた。
 園内の弁天沼のほとり約100メートルに、30本のノダフジが植えられている。幾つもの花房が垂れ下がり、周囲には甘い香りが漂う。藤棚のトンネルを散策したり、ベンチから眺めたりしてゆっくり堪能できる。
 市都市整備課によると、今週末に満開となり、今月中旬まで楽しめる見通し。若林公園は、市内から角田市や丸森町に抜ける宮城県道沿いにある。
 藤棚は1997年度に県が整備し、白石市が譲り受けた。連絡先は同課0224(22)1325。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月09日木曜日


先頭に戻る