宮城のニュース

<バドミントン>19日からスディルマン杯 桃田「最強のチーム」

 男女混合の団体戦で争うバドミントンの国・地域別対抗戦、スディルマン杯(19〜26日、中国・南寧)で初優勝を狙う日本代表が8日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで記者会見し、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本、福島・富岡高出)は「最強のチームで、実力的には一番だと思う。その力をどれだけ出せるか」と意気込みを語った。
 高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス、宮城・聖ウルスラ学院英智高出)らも出席した。
 日本の過去最高成績は2015年の2位。大会は男女のシングルスとダブルス、混合ダブルスの5試合で争う。12チームが4組に分かれて1次リーグが行われ、各組上位2チームが準々決勝へ進む。
 日本代表の愛称が「BIRD JAPAN(バード・ジャパン)」に決まったことが発表された。さらなる高みへ飛躍を目指すなどの意味が込められた。


2019年05月09日木曜日


先頭に戻る