宮城のニュース

<楽天>銀次、技あり殊勲打 チームは再び上昇気流に

東北楽天―ソフトバンク 9回東北楽天無死一、二塁、サヨナラ打を放ち両手を上げて喜ぶ銀次(坂本秀明撮影)

 今度は31歳の銀次だった。3−3の九回無死一、二塁、しぶとく右前に運び勝負を決めた。前日はルーキー辰己がプロ初のサヨナラ打で球場を歓喜に包んでいる。平石監督は「若手からベテランまで、よくやってくれている」とたたえた。
 打席に入る前、銀次は小谷野打撃コーチに「(内野が本塁に)チャージしてきたら打っていい」と耳打ちされたという。1球目はバントを狙ったが失敗。その際に一塁が、猛然と走ってきたのを見逃さなかった。
 2球目。甲斐野の149キロの直球を、バスターで捉えた。打球はゴロで詰まりながら二塁へ。だが、二塁手が既に一塁のカバーに向かっていたため、右前に抜けていった。二走島内が本塁に生還。「いい所に行ってくれた」と、狙い通りの一打に胸を張った。
 指揮官は詳しい戦術の内容は語らなかったが「(相手の)これまでの戦い方を見ていた」と振り返る。守備シフトの弱点を見抜いた作戦勝ちだ。立役者の銀次を「勇気をもってよくバスターしてくれた。バットコントロールがうまいので、信頼していた」と褒めちぎった。
 5連勝中だったソフトバンクから、連日のサヨナラ勝ちを収めた意義は大きい。これで3連勝。チームは再び、上昇気流に乗った。
(狭間優作)


2019年05月10日金曜日


先頭に戻る