宮城のニュース

<楽天>2試合連続のサヨナラで3連勝

東北楽天―ソフトバンク 9回ソフトバンク2死一、二塁、甲斐を三振に打ち取り雄たけびを上げる東北楽天4番手の松井=楽天生命パーク宮城

 東北楽天が2試合連続のサヨナラで3連勝。3−3の九回、銀次の右前打で決勝点を挙げた。
 0−2の二回2死一塁から、3試合連発となるブラッシュの左越え9号2ランで同点。2−3の八回には代打渡辺直が、2番手モイネロから左越え1号ソロを放ち追い付いた。
 先発古川は制球に苦しみながらも6回3失点と粘った。4番手松井が今季初白星。
 ソフトバンクは三回まで毎回得点。九回に登板の甲斐野がプロ初黒星を喫した。

 東北楽天−ソフトバンク8回戦(4勝4敗、18時00分、楽天生命パーク宮城、27,604人)
ソフトバンク111000000 =3
東北楽天  020000011×=4
▽勝 松井19試合1勝1敗8S
▽敗 甲斐野16試合1勝1敗
▽本塁打 甲斐3号(1)(古川)ブラッシュ9号(2)(大竹)渡辺直1号(1)(モイネロ)

☆イヌワシろっかーるーむ

<ブラッシュ外野手(二回、3試合連続となる9号2ラン)>
 「変化球を狙い、浮いた球をしっかりとたたけた。僕だけでなく、みんなの調子がいいから波に乗れている」

<古川侑利投手(先発し6回3失点)>
 「調子はまずまずだったが、試合の入りが良くないし、球が高かった。追い付いてもらった後の失点も余計だった」

☆熱血平石語録

<関係ない> 
 「相手がソフトバンクだからとか関係ない。目の前の試合を必死に戦っていくだけだ」(首位ソフトバンクから2連勝したことに)


2019年05月10日金曜日


先頭に戻る