宮城のニュース

定禅寺通緑道でワインを 仙台・立町で「立ち飲み」イベント 6店参加、暗さ楽しみバー気分

会場となる定禅寺通の緑道

 仙台市青葉区の定禅寺通緑道で15日、ワインを楽しむイベント「立町たちのみ」が開かれる。会場の緑道の南半分は住所が立町で、立町エリアの活性化につなげようと商店主らが企画した。新緑のケヤキ並木の下でバー気分を味わえる。
 会場はせんだいメディアテーク付近の緑道で、立町の居酒屋「こうめ」、レストラン「カッフェ・トムテ」、ベーカリー「UP!BAKER」、自家焙煎(ばいせん)コーヒー「バレアリック・コーヒー・ロースター」など6店が出店する。
 ワインは赤、白、スパークリング計10種をそろえ、グラス1杯400円から。日本酒やビール、ソフトドリンクも用意するほか、ワインに合う料理、パンなどを販売する。
 出店者の手元を照らす以外はあえて照明をつけず、バーのような暗さを楽しんでもらう趣向にした。立ち飲みが基本だが、周辺のベンチで座って過ごすこともできる。
 企画したのは、出店者らでつくる「立町たちのみ部」。「たちのみ」には「立町で飲む」との意味も込めた。部長の川嶋吉幸さん(59)は「立町には質の高い飲食店が隠れ家のように点在するが、市の中心部から遠いイメージがある。イベントで1杯飲んだ後は、立町の飲食店に足を運んでみてほしい」と話す。
 午後4〜9時。雨天中止。今後も年に4、5回開催する予定。連絡先は酒のかわしま立町店022(395)9056。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月11日土曜日


先頭に戻る