岩手のニュース

「歩きましょう、鉄のまちには鉄の足」 外国人交流会でバス交通に意見

 岩手県釜石市が市在住の外国人交流会を開いた。地域の課題を広い視点で探るのが目的。米国、ドイツなど6カ国出身の13人が意見を交わした。
 「自然が豊か」「人が優しい」と釜石の良さを口にしていたが、バス交通に話題が移ると雰囲気が一変。「本数や路線が少ない」「6月にはさらに減ると聞いた」「停留所が遠い」と不満が噴き出した。
 「バス会社も経営難。どうしようもない」と申し訳なさそうな市に出席者からはこんなジョークが。「歩きましょう。鉄のまちには鉄の足」
(釜石)


関連ページ: 岩手 社会

2019年05月11日土曜日


先頭に戻る