宮城のニュース

<ベガルタ>サイドの攻防 永戸が鍵

広島戦に向けた練習でボールを奪いに行く永戸(手前)。後方は梁勇基(左)と大岩

 広島の攻撃はサイドが起点になりやすい。クロス数はリーグ屈指の多さを誇る。布陣の相性を考えると、仙台が数的不利になる場面は少なくなさそうだ。攻守で鍵を握るのは左サイドバックの永戸。「相手に寄せたらサイドを変えさせない守備を徹底する」と気を引き締める。
 広島の布陣は「3−4−3」。前線の3人に両ウイングバック(WB)を加えた5人が攻撃を仕掛けるため、4バックの仙台は数的不利になりかねない。永戸は「相手が5人張り出した時に必ず逆サイドを空ける形になる。慌てずにスライドで対応したい」と話す。
 注意したいのは、昨季まで仙台に在籍したシャドーストライカーの野津田。豊富な運動量と巧みなボール保持で前線に加わり、DFラインをかき乱す。同学年で親交が深かった永戸は「自由にさせたくない。仲が良かっただけに、活躍されたくないという気持ちは向こうも同じはず」と負けん気を見せる。
 守備で粘り、攻撃で好機を生かす。先発に復帰後はセットプレーのキッカーを担い、前節の川崎戦では常田がCKを起点に3本のヘディングシュートを放った。「キックの感覚はいい。直接ゴールも狙いたい」と手応え十分。ホーム3連勝とリーグ戦不振の巻き返しには、背番号2の攻守両面の輝きが欠かせない。(斎藤雄一)


2019年05月12日日曜日


先頭に戻る